Multi-award winning designer of products, concepts and all digital things. Leading Enfani, a design team creating designs to go straight to your heart.

Mac's biography to date reads as an inspirational adventure; from his humble beginnings as an English teacher and interpreter to heading a bank division in developing their new websites. 
Completely self taught, Mac has continued to discover, enquire and be intrigued with a thoughtful heart and mind that gives great depth to his designs and has created layers of wealthy resources at his disposal. 
The way he allows himself the freedom at concept stage to dream up an array of ideas, both possible and impossible, gives an exciting base from which to select the best outcome for the brief at hand.
This combination of freedom of design, thoughtful approach to communication and an unwavering motivation is unique. It is at the core of Mac as a person and has seen him win an array of prestigious awards and contracts to date and helped shape his evolving entrepreneurial career to be a true contender on the world stage.

アプリ・ウェブといったデジタル全般だけでなく、スマートフォンやロボット、ビジネス・サービスも創るデザイナー。主にスタートアップのクリエイティブディレクション、UI/UXデザイン、プロダクト企画・デザイン、地方再生ブランディング。
すべてのコトをゲームに、すべてのモノをおもちゃのように面白さを創り出すのを得意とします。

自社のプロダクト企画・制作もしております。2つのアプリとも受賞&App Storeトップ特集されました。
デザインの革新が必要なスタートアップ関係の方、地方再生のきっかけが欲しい方などとお話ししたいです。お手伝いできると思います。
自らの経験を元に、子どもといっしょにモノ・コトを創造する体験を楽しむ、価値創造型ワークショップも行っています。

「デザインは、コミュニケーション」
大学では英語を専攻したがあまり話せず、きれいに話せるようになりたくて(といっても留学する余裕もなかったため)英会話スクールに講師になろうと決意。(講師になれば嫌でも英語を話す上、給料ももらえるため。)講師になるための最低限の資格を取ってなんとか英会話の講師になる。結果10年ほど講師や通訳を経験し、最初の1〜2年で上級クラスも教えられるほどのスキルを獲得。留学経験がなく独学で学んだ英会話講師として人気講師に。
もともとデザインも好きで英会話スクールのポスターやチラシを担当していたが、あるときウェブサイトを作るように言われる。ウェブサイトはプログラミングの知識も必要になるので断ったが他にできる人がおらず承諾。プログラミングの本を読み独学で1からサイトを作ってみると、会ったこともない人からサイト良かったと言われ、デザインも面白いと感じるように。自分が作ったものを通して伝えたいことを伝えるデザインも一つのコミュニケーションだと気づき、そうであれば今まで講師や通訳として培ったコミュニケーション能力をデザインでも活かせると考え、デザイナーに転職。当時「ウェブデザイナー」という職業がまだ一般的に知られていなかった時代に自らウェブデザイナーと名乗り、仕事をもらって学びながらフリーランスデザイナーとしてウェブやグラフィックのスキルを磨いていった。
フリーランスを始めて1年ほどしてから新宿区にあるデザインの会社に就職し、さらに1年ほどで新生銀行に正社員のインハウスデザイナーとして転職。当時大々的に行ったブランディングプロジェクトのデザインを任されたりして4年ほど経験する一方、独学でCADを習得。ロボットやスマートフォンなど未来の「こうなったら楽しいな」というワクワクするデザインを次々にブログに英語で投稿すると、国際デザイン賞を受賞。ヨーロッパやアメリカから仕事のオファーが来るようになり、銀行を退職して再びフリーランスのデザイナーに。プロダクトデザインもできるデザイナーとして医療器具のデザインやウェブやグラフィックのデザインをしていった。数々の国内外の国際デザインコンペに受賞。
数年後、スタートアップやベンチャー企業からの依頼が増え、今までなかった価値を新しく創造していく現場に深く入り込んだ。スタートアップではサービスや事業のデザインという領域も数多く経験。自分でも何か事業を始めたくなり、もともと英会話講師として経験のあった「学び」と、デザイナーとして磨いた「デザイン」のスキル、そしてスタートアップで経験した「ビジネス」を掛け合わせて起業。会社名は「あんふぁに」で、フランス語の「子ども」を意味する「あんふぁん」と「無限大」を意味する「あんふぃに」を掛け合わせ、「子供の可能性を無限大に高める事業を創る」というコンセプトにしている。
価値創造力を磨き、「ハートを動かすチカラ」を持つ人を出来るだけたくさん創り出すことをミッションに頑張っています!

Honors & Awards



Publications

National Geographic Channel
Travel Channel
Discovery News Technology
GIZMODO
DVICE
Fast Company.com
Smashing Magazine
Wired.co.uk
Esquire Korea
Huffingtonpost.com
NEWS.com.au
SXSW 2011
Core77.com
Yanko Design
Gadget Girlz (Canada)
TECHNODROM (Russia)
OLO Editions (France)
Geekbrief.tv
NEXT Design Trends
Cairo Editore (Italy)
LAPTOP Magazine (New York)
MONITOR magazine (International publication)
GOOD magazine (Los Angeles)
Back to Top